暮らす|LIVE

15年間テレビを見ずに過ごした結果はこちら。

こんにちは。テレビって見てます?
僕は15年間見てなかったのですが、最近久々にテレビを見ています。

正直に言うと、なかなかおもしろい。そして勉強になることもある。やはりテレビのプロデューサー、ディレクター、放送作家、演者たちが真剣に向き合って生み出しているわけだからそりゃクオリティも高いし、面白いに決まっている。1日24時間テレビは動き続けていて、放送され続けているわけだけど、その1本1本にはテレビマンの想いが結集されているんだろー なって感じます。

なぜテレビを見なかったのか?


テレビを見なかった理由、それは大学時代に遡ります。上京した時に思ったんです。
「テレビを見るために大学に来ているわけではない。テレビがあると堕落してしまう。テレビは遠ざけてしまおう」と。

自分の意志の弱さを知ってました。高校時代は深夜テレビを毎日、なんの目的もなく見続けていました。福岡放送のドォーモとかめっちゃ見てたなぁ。そして睡眠時間が減り、翌日眠気と戦いながら授業を受ける。これを大学でもやってしまいそうで怖かったわけです。

最初はテレビなし生活は寂しかったけど、3日で慣れました。 そこから15年間テレビを所有することなく年を重ねました。

15年ぶりにテレビを見て気づいたこと


そして1ヶ月前からテレビを見ています。その理由は彼女がテレビを持っていたから。半同棲のような生活がはじまり、しかもリモートワーク。自然とテレビのリモコンに手が伸びてしまいます。そしてハマりました。

久々にテレビを見て気づいたことです。

佐藤栞里がすごい

はい、栞里ちゃんの存在を初めて知りました。誰だこの人?めっちゃ出てるなぁと。
どの番組にもいるイメージ。有吉を笑わせろ!を筆頭に、いろんなバラエティに引っ張りだこ。人が良さそうだし、重宝されてるんだろーな。まぁなんかかわいらしいしね。

中村アンが気になる

はい、中村アンも初めて知りました。火曜ドラマ『着飾る恋には理由があって』に出ていますが、最初は別になんの感想も抱かなかったんですが、徐々に気になり始めました。あの急にキスしてるシーンとか見て、なんだこれドキドキするやんけと!
櫻井・有吉THE夜会に出ている中村アンを見て、さらに好感度アップ。昔はロングだったんですね、モード系のショートもよく似合ってますよね。

今田美桜が可愛すぎ

はい、久々にテレビを見て、一番衝撃を受けたのがこの子。今田美桜って天使すぎません??
CMの存在感すごすぎ。ただ、俺がタイプなだけかもしれないけど、まじ可愛いわ。会いたい。

大食い番組が増えた

大食いの番組増えましたよね?昔はあったけど、こんなにどの局も流しているイメージはなかった。大食いタレントが重宝されているんでしょうね。見ててスカッとするから大好きです。

企業コラボのランキング企画が多い

コンビニとかファミレスとコラボしてランキング紹介している番組をよく目にします。専門家が採点したりするやつ。こうやって企業とコラボして忖度なし(?)に採点したり順位付する番組は昔なかった気がします。視聴者に身近な番組って感じがします。

ニュースのコメンテーターの幅が広い

アイドルとかジャニーズとか、芸人を起用しているニュース番組が増えた気がします。コメンテーターが日替わりで変わっているのもなんか新しい感じがします。視聴者を飽きさせない工夫なのかな?

テレビからどう学ぶか?を考えてみる

テレビを見始めて思うのは、すごいクオリティが高い!ということ。企画性や撮影の質の高さ、続きを見たくなる工夫など随所にこだわりが見られます。やっぱテレビってすげぇよ。YouTubeではなかなかできないことをテレビが実現しているわけなので、すぐにテレビが衰退するってことは無さそうです。

そして、学べることも多い!
テレビを娯楽としてただボーッと見てたら時間の浪費になってしまうけど、その番組からきちんとアウトプットする習慣を付ければテレビは有効な情報源になり得ます。

  • 情報番組を見て→行きたいところをメモして、週末に出かけて知見を広げる
  • 料理番組を見て→行きたいところをメモして、週末に出かけて食べてみる
  • クオリティの高い編集を見て→工夫をメモして、自分のYouTubeに反映させる
  • 頑張っている人に刺激を受けて→やる気をアップさせて、日常の行動量を上げる

など、自分を変えるきっかけにしたらテレビは有益。ネガティブなニュース番組とかは不毛ですけどね。きっちり取捨選択して、自分の見るべき番組を選んでいく必要があります。

まとめ


テレビを15年ぶりに見て感じたのは、テレビは進化している!ということ。ずっとテレビを見続けていたらその変化にはなかなか気づけないだろうけど、15年のブランクがあるとその進化ぶりには舌を巻くレベル。テレビマンたちが日夜、血反吐を吐くまで努力して生み出した集大成。一本の番組ができるまでにその何十倍ものリサーチや撮影、企画に時間を使っていることでしょう。それだけの努力の結晶を無料で見れるテレビはやはり最高の娯楽。 もう30代後半、大人になって少しは自制心もついてきたので、テレビを有益なものとして活用していきます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です