About Me

FRIED EGGを運営するライター・Tのプロフィールを紹介します。

はい、こんにちは〜!!当ブログ「FRIED EGG|フライドエッグ」のライター・T の詳細プロフィールです。

ライター・Tって誰?何をしているの?

建築をこよなく愛する男。アラフォー世代。
九州生まれ。
大学院を卒業後、大手の設計事務所に入社。4年で辞めて独立。

現在の主な仕事は

  • 会社員(コピーライター・広告ライター)
  • ブログ運営
  • 講師業
  • イベント主催
  • YouTuber

などなど。

クソ真面目な生き方をしてきた僕の生い立ち

先生の言うことは「絶対」の中学校時代

先生の言うことをよく聞く優等生でした。田舎の学校でしたが1学年120名、その中でずっと成績はトップでした。それほど熱心に勉強する子もいない地域だったからトップなだけで、たぶん都会に出たら中の上ぐらいだと思います。
ただ、自分なりに工夫しながら毎日2時間以上は絶対に勉強 していました。それを3年間やり続けたんだから結構忍耐力はあったんだな〜って、自分のことながら関心します。入学してすぐ先生に言われた言葉が大きかった。
「学年+1時間勉強しなさい」
中1のときは2時間、中2のときは3時間、中3のときは4時間、家で勉強しろってことですね。そりゃこんだけやれば、多少は勉強できるようになるわ。

高校デビューを図った高専時代

私服と電車通学に憧れて行ったのが、高専。土木工学科です。
なんとなく建設物というものに興味がありました。高速道路、ダム、橋などそういったものを建設することに醍醐味を感じていたんですね。ただ、勉強はそこまで集中せずに、バイトと彼女に注力しました。
高校デビューを図ろうとしました。金髪、タバコ、バイク (フュージョンというHONDAのビックスクーター)とちょっとだけ悪い風貌だったかな。笑。ただ、優しいヤンキーなので、喧嘩もしたことありません。
はじめてのアルバイトはファミリーマート。不器用な自分にとってはじめてレジに立ったときのあの緊張感は今でも思い出されます。慣れるまではホントにドキドキ。でもいろんな人と一緒に働けて楽しかったし、バイトは大人になるための1つの階段なんだなって感じましたね。あの経験でひとつ大人になれました。バイト先で彼女もできました。

大学・大学院時代はコンペに明け暮れた

大学は愛知県にある大学に編入しました。九州の実家を離れてはじめての上京。すごい楽しかったな〜。なんか青春って感じです。

大学入って、地方の人とか都会の人が入り混じって、夜な夜な飲んだり遊んだりして、あぁいう空気社会に出たらなかなか味わえないですよね。なんてことないことがホントに楽しくて、毎日笑って過ごしてたような気がします。ただ講義はギッチリで課題も多い。結構単位取るの大変でそこはヒーヒー言ってたような。

編入してから、土木を離れ建築に進みました。理由はなんとなく建築の方がかっこいい から。ただ、やっぱりセンスの差をすごい痛感させられました。センスの塊みたいなやつがクラスにもいるわけですよ。あー勝てないな正直って感じていました。

就職するか大学院に行くかの二択があったんだけど、僕はまだ就職がイメージできなかったので大学院を選びました。建築環境工学の分野に進み、研究とコンペに明け暮れました。大学院1年の頃はもう狂ったようにがんばってました ね。なんとなくあと1年で就職だから力つけなきゃなって感じてたんだと思います。毎日研究室に泊まり込んで、コンペ作品をつくったり、課題をやったり、研究進めたり、なんか本当の自分で生きてたのはこのときだった気もします。年に20本ぐらいのコンペ提出 してましたからね。入賞はごく一部ですが、センスないわりにがんばってましたね。

そのおかげもあって、就職は余裕で決まりました。大学院1年の2月には決まりました。意匠系に進むか設備系に進む かすごい迷いましたね。ホントに迷った。本当にやりたかったのは意匠の分野でした。そこでもやっていける自信はあったし、いくつか内定ももらっていました。でも自分が選んだのは設備系。大手の設計事務所の設備部門に受かってしまった。この会社は建築業界では一番高給なのに加えて、丸の内に本社がある。あ〜東京の中心で働くのもいいな〜って、こっちを選択してしまった。

結構これが大きな決断だったような気がします。本当にやりたかったものを置いて、ステータスや安定を取った瞬間でした。

今後の人生と働き方に疑問を持った社会人

結論から言うとホントにつまんなかった 。あ〜会社ってこんなもんなんだなって、毎日悩みながら通勤してました。

確かに大きな仕事はできていたと思います、ダイナミックな仕事はできていたと思います、あのまま続けることもできたと思います。でもやっぱり無理だった。自分の一度しかない人生をイヤイヤ生きるのは嫌だなって。毎日苦痛、心が休まるのは土曜日と日曜日の午前中ぐらい。もちろん忍耐は大事だと思います。やればやるほどおもしろくなっていくという感覚もあるけど、3年やって、やっぱり無理だなって。自分に正直に生きようって決めました。

最初の会社を辞めることを決めた

3年半ほど勤めて、上司に辞めることを告げました。当時、友人と設計事務所をやろうって話があって、案件ももらっていました。なのでそれを理由に退職。2012年12月でした。そこから人生大きく変わりました。順風満帆だったわけじゃないけど、一歩ずつ自分の足で人生を進めている感覚があります。あのときにした自分の決断を正解にするために日々努力をしています。

趣味・性格・野望など

◆趣味・好きなこと

  • 建築
  • 間取り図を見ると興奮します。

  • 女の子
  • 女の子が好きすぎます。

  • 飲み会
  • 主催イベントを会社員時代からやってました。

  • 読書
  • ずっと読書は継続しています。月5〜10冊は10年近く読んでいると思います。ビジネス書が一番好きで、「手紙屋」「自分を鍛える」「金持ち父さん貧乏父さん」「人を動かす」この辺は大好き。漫画は「One Piece」と「キングダム」を今は読んでます。

  • 学生時代にデンマークに留学しました。そのときに北欧を旅して価値観が広がりました。今も年に1回は海外に行くようにしています。

◆性格

  • 人目を気にしすぎる、入りたいと思ったお店に1人で入れなかったり、不自由です。
  • 基本は人見知り。初見で行った美容師さんとは話せません。
  • 上記のような性格とは対となる明るさを備えています。どっちがホントの自分か未だにわかっていない。
  • 役をもらったらなんでもやり遂げます。努力だけはできる方だと思います。

こんな人間です。

当ブログ開設のきっかけ

ブログ開設のきっかけは、会社をやめて暇だったからです。
2014年、2つのブログを同時に立ち上げました。WORDPRESSに関する本を買ってきて、よしっガチでブログやってみるかって決めて勉強を始めました。大きなビジョンがあってはじめたわけじゃないです。

お仕事依頼について

  • 取材・インタビュー
  • 執筆依頼
  • テレビ・新聞雑誌・ラジオ・ネット番組などの出演依頼

などなど依頼される場合は、問合せページからお願いします。