婚活パーティに100回参加してわかった3つのこと。

世の中出会いが少ないと嘆いている人が多い中で、東京都内ではパーティ会社が乱立して混迷している状態です。その中で比較的規模も大きく、集客力のあるパーティ会社といえば、Mid-Blue(ミッドブルー)、Luxury Party(ラグジュアリーパーティー)、Premium Status(プレミアムステイタス)の3つがあげられます。今回は各パーティ会社の特徴や体験談などを紹介していきたいと思います。今回の記事は筆者本人による体験談です。各会社のパーティに30回以上参加しての感想ですので、1人の体験談として受け取って頂ければと思います。

パーティとは

婚活パーティ、恋活パーティ、街コンなどと呼ばれる男女の出会いを提供している飲み会のことをいいます。一般向けに門戸が開放されていて、どなたでもインターネット上で申し込みをして参加することが可能です。路上ナンパのようにガン無視されることはほとんどないので、出会いの少ない人にとってはすげ~ありがたいイベント。最近はパーティ会社の数も増えてますし、毎日のようにそこらかしこでパーティが催されています。

パーティに100回参加してわかった3つのこと

Mid-Blue(ミッドブルー)、Luxury Party(ラグジュアリーパーティー)、Premium Status(プレミアムステイタス)に各30回以上、その他、Gaitomo(ガイトモ)やRooters(ルーターズ)など数多くのパーティに参加してきてわかったことを紹介します。

1.恋人というより異性の友だちがつくりやすい

恋人ができている人は確かにいるんですが、それほど多くないように見受けられます。僕もパーティで彼女ができたのは一度のみ。こんなに行ってるのにさ~(笑)。思うのはここで恋人になるというよりは、その人の先に恋人になる人が現れるパターンがあるようです。そこで出会った人と友だちになって合コンをして広げていくのがいいかもしれませんね。僕もここで繋がった人とだいたい合コンします!!その方が広がりがあっていいし、友達にも女の子紹介できるから一石二鳥♪

ただ裏の一面を挙げると、ある程度顔がいい、かつコミュニケーション能力の高い一部の人たちが根こそぎ異性をもっていっているっていうイメージもありますね。いくらでも連絡先交換できますし、やっぱりイケメン、イケ女には人が集まります。残念なことに、表情が暗くて、もてなそうな女性はず~っと誰も寄ってきません。何度もいくとやっぱりそういう人が一部いるのが見えてきます。あ~もったいないっていう人もいます。緊張してるのかもしれないけど、もうちょっと人を引き付ける表情をすれば変わると思うんだけどな~!!上からですいません。

2.会によって差が激しいので何度も行ってみることが大事

パーティは何度も足しげく通いましょう。一回で出会えるとかそんな甘い考えは捨てるのだ!!!だってバランスや偏りがあるもん。通うことで自分のタイプの人も現れてくると思いますよ。男女比悪いこともあるけどそれも会によりますし、年齢層も会によります。今日はダメだったな~って思わずに何度もチャレンジすることでいい人が現れてくると思います。

この前会った女性は「くそみたいな男性しかいなかった、もうパーティには行かない」と言ってました。口が悪すぎる。その会はハズレだったかもしれないけど、一度で諦めるのは時期尚早ではないでしょうか。

3.女性の数はプレミアムステイタスの1人勝ち

女性の数ですが、平均的に見てもプレミアムステイタスが多いです。ほかの二社は非常に女性が少ない会が何度もありました。これは是非改善してもらえたらな~と思います。女性の数が多いだけで男性側のクレームはだいぶ減りますよね。「高い料金払って、女性こんだけかい!!!!」ってときもありますけどね。
女性側の視点に立てばどこの会でも男性が多いので安心です。どのパーティにイケメンがいるかはわかりません、男性の顔とか見てないからね(笑)。

パーティ会社比較

男女比

男女比については先ほども書きましたが、一番いいのはプレミアムステイタスです。これは間違いありません。ミッドブルー、ラグジュアリーパーティーはひどい会(7:3で男性が多い)が何度もありました。これはないでしょ!!というぐらい女性が少ない。

プレミアムステイタスに女性が多いのは男性の資格を絞っていることが原因にあります。男性側の年収、職種、身長などをある程度絞ることによって女性が安心して来やすくなっています。逆にそういった資格のない男性は来れないので男性は減ってきますし。男女比が悪いとなかなか異性としゃべれないのでフラストレーションがたまります。男性の料金は高めに設定されていてで、それが会社側の収益になるとはいえ、予約や受付の段階で調整するなどの対策をとることが必要と思います。

顔面偏差値

プレミアムステイタス > ラグジュアリーパーティー > ミッドブルーです。一番顔面偏差値が高いのは平均的にはプレミアムステイタスだと感じました。まぁ女性の数が多いからそうなりますよね。サクラについても疑われる人がいますが、実際いますよ。タダでいいから来てくださいと言われて来た人と何度か話したことあります。サクラが悪いと思ってるわけじゃないけど、だいたいそうやって来た人はやる気がないので対応が悪いことが多かったです。スタッフが会場で連絡先交換しているのとかも目撃しますからね。次回誘いたい人をスタッフも物色しています。僕もスタッフと連絡先交換して、後日「今日人が少ないから来ていただけないですか、半額でいいので」と言われたことあります。

運営

どこの会社も基本的には立食形式です。一部のお客さんが座れる感じで、あとはお客さんが自由に話しかけるフリースタイルの形式です。

プレミアムステイタスではビンゴ大会をやることが多いのでそれは盛り上がります。景品は一等がギフト券1万円分で、3等まであります。
ラグジュアリーもトランプゲームをやります。焼肉の食事券やハーゲンダッツの引換券などが当たります。

料金

どこも似たり寄ったりの料金体系です。男性は5,000~6,000円が相場です。サイト上で登録すれば、プレミアムステイタスとラグジュアリーパーティーでは、1,000Pのポイントがたまります(たまらない会もあり)。また、ラグジュアリーパーティとミッドブルーは次回使える割引券を配布していることもあります。

※勝手な予測で会社の収支を書いてみると、男性60人(6,000円)、女性40人(3,000円)の場合で収入は48万円。

支出は
・スタッフ時給1500円×3時間×4人=18,000円
・料理お酒 2,000円×100人=200,000円
・その他経費 30,000円
・計248,000円

収支は +24万です。パーティってすごい。ぶっちゃけぼろ儲けの商売だと思います。ただ僕にとっては女性と手軽に出会えるのは非常にありがたいので、全然高いと思ったことはないですけどね。

料理やお酒

料理に関しては3社ともそれほど変わりません。ここがおいしい!!とかもないです、大体がケータリングか安めのものが出ますので。パーティ100回行って料理に感動したことはないです。そこを求めてはダメってこと。逆にパーティ会社はそこに差別化のチャンスがあると思います。

お酒もどこも一緒。ビール、ウーロン茶、カクテル、ワインなどが並んでいます。一度に多くのお客さんに対応するため、透明のプラスチックカップにお酒が注がれていて、若干味気ないです。おいしいお酒は期待できない。会社側も割り切ってるんでしょうね。

総評

まずはプレミアムステイタスに行くべし↓↓↓
ワンランク上のお洒落なパーティー

まとめ

パーティ攻略法をひとつあげるとすれば、それは積極的に話しかけること!!!これだけです。はっきりいって戦場です。一歩、一秒の差が生死をわけます。話しかけても無視されるかも、俺になんて興味ないかもとかそんなネガティブなイメージを捨てて話しかけるのですよ!!!!!一歩出遅れてほかの異性と話している姿を見るのはつらいです。そして時間の無駄。せっかくパーティに行くなら貪欲にタイプの人を狙って奇跡を起こせたらいいですね。僕も今夜出動しま~す(^O^)/

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

IROKAN

投稿者: IROKAN

IROIROKANSATSU創業者のIROKANです。面白いネタ、役立つネタを提供できればと思います。もっとーは「シンプルであること」。常にシンプルでわかりやすい記事を更新していきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です