働く|work

oViceとは?リモートワークを楽しくするアバター空間が面白い

ovice

oVice(オヴィス)という、仮想オフィスのサービスを体験してみたところ、思った以上に使い勝手がよく、おもしろかったので紹介したいと思います。

oViceって何?

ネット上で出社する仮想オフィスサービス。テレワークによって疎かになりがちな社内コミュニケーションを活発化でき、導入する企業も増えているそう。仮想空間で、誰とでも気軽に会話・チャットができ、まるで現実世界にいるかのような体験ができます。

テレワークによって孤独感が増している人が多い

テレワークの頻度が高いほど孤独感が高いというアンケート結果があります。確かに、孤独で寂しいって言ってる人、たまにいますよね。そういう人にとって、現実の社内にいるかのよう円滑にコミュニケーションを取れるこのサービスは最適なのかもしれません。

反対に、誰にも邪魔されずに黙々と仕事がしたい!って人にとっては、ちょっとうざいと感じるのかもしれませんが。

どんな機能がある?

簡単に機能を紹介します。

アバターを動かす

ovice© Copyright 2020 by oVice, Inc.

目的の場所をクリックすると、自由に自分のアバターを移動できます。
デモ体験版でも、いろんなスペースがあるので動き回っていると面白いです。猫をクリックすると、可愛い猫動画が流れて癒されました。

テキストチャットをする

メッセージを書いてEnterを押すとメッセージを送ることができます。
@をつけるとダイレクトメッセージになるので、特定の人にだけ送りたい場合は利用しましょう。

立ち話

オープンスペースでは、近づくだけで立ち話に参加できます。実際に僕もデモ体験に参加してみたんですが、知らない人の立ち話にも入っていくことができるんですよね。この時はoViceの社員さんがたくさんいらっしゃいました。近づくと許可を取らずとも声が聞こえてくるので、まさに現実世界の立ち話。

ovice© Copyright 2020 by oVice, Inc.

階層を行き来することもできて、3階にはBARがありました。BARにいると、英語で急に話しかけられて焦りました(笑)

会議室

ovice© Copyright 2020 by oVice, Inc.

会議室内の会話は、会議室にいる人しか聞こえないので、重要な会話をするときに使いましょう。会議中は部屋に鍵をかけることもできるので、限定メンバーだけの会議も開催できますね。逆に鍵をかけていないと誰でも入室できちゃいます。

場内アナウンス

メガホンを使うと、場内にいる全員にアナウンスをできます。(さすがに怖くて使えなかった)

他にも様々な機能が搭載されているようなので、ぜひ試してみてください。

料金体型

料金は定期利用と単発利用、食事付きプランの3つがあります(食事付きプランは詳細がなかったので不明)。

ovice© Copyright 2020 by oVice, Inc.

定期利用は、同時に入場する人数によって料金が分かれています。一番安いのがBasicで月額5,000円。今トライアルをやっているみたいなので、まずは申し込んでみるといいかも。

ovice© Copyright 2020 by oVice, Inc.

単発利用は1週間だけ利用できるプランです。単発イベント開催する場合に、最適なプランになっています。

僕だったらこう使う

コロナ禍における出会い系イベントに使ったら面白そう。コロナ前は、パーティ会社が乱立し、毎週末かなりの数の恋活・婚活パーティが催されていました。一回あたり5,000~10,000円ほどで30~100人ぐらいが参加して盛り上がりを見せていました(僕も毎週のように参加していました)。

今は当たり前ですが、パッタリとなくなりましたね。オンライン飲みのイベントに切り替えたパーティ会社もあるようですが、正直参加者は全然多くない。逆に参加者が増えているのは、出会い系のアプリ。PairsとかOmiaiとかRabbitとか様々な会社の登録者はどんどん増えているようです。外に出にくい今、本当に出会いが少なくなっていますもんね。

僕も実際にPairsをやってみましたが、出会いの数がとんでもなく増えました。すでに30人以上の女性とお会いしました。Pairsはいいね!をもらうコツがあるので、それについてもいずれ記事にしていきたいなと思います。



話を戻しますが、僕だったら出会い系のイベントをoViceで開催します。100人ぐらいの男女に参加してもらって、出会いを作れたら面白じゃないですか。立ち話で、相手の顔や声を聞きながら会話をして、気になったらチャットでLINE交換!この仕組みを作れたら、参加したい人増えるのでは?

IROKAN
IROKAN
今度やってみよっと。

使ってみてね

今回は、仮想オフィスサービスoViceを紹介しました。これからこういった働き方も増えてくると思うので、動向をチェックしていきたいと思います。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です